UN Womenロゴ

特定非営利活動法人UN Women(国連女性機関)日本国内委員会

National Committee Japan

 Home  会員募集  募金・寄付によるご支援  UN Women  リンク  サイト内検索  サイトマップ  更新履歴

ユニフェム本部等との連携

ユニフェム本部等との連携

ユニフェム日本国内委員会は、ユニフェム本部、各国国内委員会、国連の他機関等との連携を深め、情報交換に努めています。

  • 2011年1月1日、UN Womenが活動を開始、ミチェル・バチェレ事務局長から、各国国内委員会へメッセージが届きました(詳しくはこちら
  • ミチェル・バチェレ事務局長は第1回執行理事会で、UN Womenの「ビジョンと100日間行動計画」を発表しました(詳しくはこちら
  • ミチェル・バチェレ事務局長の横顔(詳しくはこちら
  • UN Womenのロゴが決まりました(詳しくはこちら
  • 日本政府はUN Womenの執行理事会理事国の選挙に立候補し、任期3年の執行理事国に当選しました(詳しくはこちら
  • ミチェル・バチェレUN Women事務局長は10月11日、第65回国連総会第三委員会で就任挨拶をしました(詳しくはこちら
  • 9月にウィーンで開催された国内委員会連絡会ではUN Womenと国内委員会についての討議が中心でした(詳しくはこちら(PDF)
  • ユニフェムは2010年1月1日から、UN Womenに名称を変更します(詳しくはこちら
  • 第54回CSWでのイネス・アルベルディ事務局長の声明です(詳しくはこちら(iwomen2.pdf) )
  • 3月8日の国際女性デーに寄せてユニフェムのイネス・アルベルディ事務局長は声明を発表しました(詳しくはこちら(iwomen.pdf)
  • ユニフェムは 「ノーと言おう ――女性に対する暴力根絶のために団結しよう」キャンペーンを展開中。2010年11月までに1万件のAction「暴力を根絶するための活動」の登録を求めています(詳しくはこちら
  • ユニフェムはハイチ地震の女性被害者のために、シェルター再建、緊急サービス実施のために、WEB募金を呼びかけています。(詳しくはこちら
  • ユニフェムが管理する「国連女性に対する暴力撤廃基金」の2009年度の報告書が発表されました(概略はこちら
  • ユニフェムは11月6日に「ノーと言おう―女性に対する暴力根絶のために団結しよう」という新しいキャンペーンを開始しました(担当者からのメッセージはこちら
  • イネス・アルベルディ・ユニフェム事務局長は、2009年5月「国連開発計画・国連人口基金2009年次理事会」で、ユニフェムについて声明を発表しました(詳しくはこちら) 
  • エイズ蔓延対策の根幹を成す女性の人権。2009年世界エイズデーにおけるイネス・アルベルディ、ユニフェム事務局長が声明を発表しました。(詳しくはこちら
  • 第53回女性の地位委員会へ、ユニフェム日本国内委員会から吉川真由美理事が参加しました。今回のテーマは「HIV/AIDSのケア提供を含む男女間の平等な責任分担」。会期中、ユニフェム国内委員会連絡会も開催され、本部も交えての意見交換が行われました(詳しくはこちら(CSW53.pdf)
  • Say No to VAWキャンペーン署名は目標を大きく上回り506万6549の署名が集まりました(こちら
  • ユニフェム事務局長イネス・アルベルディさんが12月初旬、初来日。アントニー・ディヨンさん(ファンド・マネジャー)と共に4日堺市訪問後、5日外務省・内閣府等へ公式・表敬訪問、6日国内委員会意見交換会・歓迎昼食会などへ出席。記者会見も実施した。詳しくはこちら
  • 11月25日の女性に対する暴力根絶のための国際デーに寄せてイネス・アルベルディ・ユニフェム事務局長の声明− 女性に対する暴力根絶の問題は国連の舞台の中央に進み出ます。詳しくはこち ら
  • 内閣府男女共同参画局はユニフェム「女性に対する暴力にNOと言おう」署名キャンペーンの協力サイトを立ち上げました。小渕優子少子化対策担当大臣および、各閣僚がサインされました。詳しくはこちら
  • ユニフェム・アフガニスタン事務所長ウエニー・クスマさんが7月27・28日来訪。外務省・資生堂を表敬訪問し、理事・地域等委員会・会員有志と懇談。より厳しい状況にあるアフガニスタン女性とユニフェムの活動について報告されました。詳しくはこちら
  • ユニフェム日本は日本エイボン社とパートナーシップを組み、「エイボン ウイメンズ・エンパワメント・ブレスレット」の販売利益の配分を受け、国内で女性に対する暴力根絶へ向けた活動を行うことになりました。くわしくはこちら
  • ユニフェム新事務局長イネス・アルベルディさんは6月に就任。6月11日には、デンマーク政府が提唱した「MDG3 チャンピオン・トーチ」をデンマーク大使から受け取りました。新事務局長のコメントはこちら
  • ユニフェム臨時事務局長ジョアン・サンドラーさん、および、アフリカ連合出向ユニフェム職員フローレンス・ブテグワさんがTICADW「第4回アフリカ開発会議」参加のために来日。詳しくはこちら
  • ユニフェム日本国内委員会は、2007年、国連経済社会理事会(ECOSOC)の特別諮問資格を取得。第52回女性の地委員会(CSW)(2008年2月25日〜3月7日開催)に国際部会担当の副理事長を派遣した。詳しくはこちら
  • ユニフェム・アイスランド国内委員会は2008年3月8日の国際女性デーに、暴力撤廃信託基金に110万ドル(1億1千万円)を寄付。詳しくはこちら


Copyright (C)2007 UNIFEM JAPAN(旧名称)